本文へスキップ

理科好きの子を増やそう-寺子屋式出前理科教室

3D立体視

概要 次の4タイプの3Dを体験する。@とAのbについては工作を行う。
@アナグリフ(赤青メガネを利用)
Aステレォ画像(両眼視差を利用)
 a. 裸眼方式
 b.3Dビュアー方式
Bステレオグラム(目の焦点を意図的に前後にずらして合わせる)
Cレンチキュラー(見る角度によって絵柄の変化、立体感が得られる)
学ぶこと 次元、立体視の方式、目と脳の働きと立体視の仕組み、立体視の歴史、立体視の利用など
ここが楽しい! 自分で作成した赤青メガネでのアナグリフ体験、自分で作成した3Dビュアーと3D画像での立体視体験
工作のポイント 両面テープをはがして、各部品を正確に張り付ける、さらに3Dビュアーについてはレンズの装着と位置調整
工作の難易度