公開 
2009年10月1日.


Since R1.5.1
くらりか科学原理をテーマとした寺子屋方式の出前理科教室を行っています。
理科好きの子供が一人でも増え、理科好きの子供はさらに理科好きになるようにと活動しています。
 
くらりか 四つの特徴
【簡単】
 
身近な材料を使った工作と実験を、参加者全員が行います。
【楽しく、分り易く
 
テーマの科学的な原理・法則や動作の仕組みなどを、分かり易く説明します。
【安全、安心、丁寧に】

 シニア世代や現役で活躍中の技術者・研究者・教育者が、参加者5〜6名に1名について懇切丁寧に指導します。
【皆で楽しむ
 参加者が工作した教材を持ち帰りますので、ご家族が一緒に実験の再演ができます。

 教室で行う工作・実験・解説のテーマです。テーマ名をクリックすると概要が表示されます。
浮沈子
備長炭電池
レモン電池
活性炭電池
風力発電
ポンポン蒸気船

ガリレオの温度計
ヘロンの噴水
マグデブルグの半球
しゃぼん玉
レーウェンフークの顕微鏡
電気ペン
化学ペン
スライム
紙飛行機
紙トンボ
ぎしぎしプロペラ
笛と音
クリップモーター
はかる
香り
こま
新着情報  

8月21日(水)東工大すずかけ台キャンパスにて神奈川サイエンスサマー2019のくらりか教室を開催しました。
日本経済新聞にくらりか活動の紹介記事掲載
2018年度における株式会社NTTデータ殿ご支援の教室
2018年度リンテック株式会社様ご支援の教室
呉市立原小学校でのくらりか教室が新聞で報道
かながわサイエンスサマーで工作実験教室開催
国立科学博物館のサイエンススクエアで工作実験教室開催
佐賀市立諸富南小学校でのくらりか教室が新聞で報道

2018年度の東京応化科学技術振興財団様のご支援
日本化学連合「化学コミュニケーション賞」受賞 新聞でも報道

「くらりか」 蔵前工業会「2017年度蔵前特別賞」 受賞
 文部科学大臣表彰の記事を掲載(掲載紹介:蔵前ジャーナル)


 教室を企画される場合は、つぎのことをご検討ください。
参加人数 20〜30人
開催時間 1〜1.5時間
開催会場 ご用意いただきます
経   費 原則として、児童の教材費(200〜700円/人)、
        講師・助手の交通費をいただきます。
         経費については、ご相談ください。
お問合せ先
 お問い合せと教室開催のお申し込みは下記にお願いいたします。
   東京地区:池田 修 電話 03-3926-4615
   神奈川地区他:剱持 克夫
 電話 046-261-1182
   埼玉地区:森井 尹 電話 0493-35-0649
   千葉地区:小川 嘉彦 電話 0475-73-6773
   静岡地区:釜洞 文夫 電話 090-3257-8852

   関西地区:田中 毅   電話 078-994-5831
   広島地区:山田 洋史 電話 090-6833-7324
   (名前の部分をクリックしますとメール画面になります。)
 活動支援・助成団体
   くらりか活動にご支援・ご助成いただいている団体等はつぎのとおりです。
  国立大学法人東京工業大学 公益財団法人東京応化科学技術振興財団 株式会社NTTデータ
    リンテック株式会社  東芝機械株式会社
東芝キヤリア株式会社 東芝テック株式会社
 関連リンク先
    東京工業大学   東京工業大学ものつくり教育研究支援センター
    一般社団法人 蔵前工業会   蔵前技術士会
 蔵前工業会HPくらりかページへ  
 Copyright(C) 2009-2020 Kurarika. All Rights Reserved